世界が注目する

ポルトガルワインの魅力

ポルトガルワインとは

実はポルトガルのワインの歴史は古く、一説によれば青銅器時代まで遡ることができます。フェニキア人、ローマ人、ムーア人、ゲルマン人、フランス人、スペイン人といった人々がポルトガルの地でワイン造りの歴史を残してきました。

また、ポルトガルのブドウの固有品種は世界一多く、なんとその数は250種以上にも及びます。何世紀もの間、スペインやフランスなどの他のワイン生産国との交流が途絶えていたかわりに、ポルトガルの生産者たちは、自国のブドウ品種の素晴らしい風味に注目し、研究を重ねてきました。複数種類のブレンドも得意としています。

ポルトガルワイン

ポルトガルの地域別ワインの特徴

ポルトガルは、世界で初めて原産地呼称管理法を制定した国です。

優良な産地を保護するための原産地呼称制度によって、現在はDOP(原産地呼称ワイン)、IGP(地理的原産地表示ワイン)とVINHO(その他のワイン)に分類されています。

ポルトガルワインのそれぞれの産地の特徴を見てみましょう。

ポルトガルの食事とワイン

意外かもしれませんが、ポルトガルのワインの一人当たりの消費量は、ワイン大国フランスやイタリアよりも多いのはご存知でしょうか?

ポルトガルでは海鮮や肉、野菜類などを使った様々なバリエーションの食事と一緒に、ワインは日常的に飲まれています。

ポルトガルワイン ブドウ

ポルトガルの固有ブドウ品種

ポルトガルのブドウの固有品種は世界一多く、250種以上あります。その中の一部をご紹介いたします。

ポルトガルワイン生産者

ermelinda

Casa Ermelinda Freitas

フレイタス家の女性醸造家が活躍するワイナリー

rocim建物

Herdade do Rocim

ブドウの品質徹底管理で進化し続けるワイナリー

magnum_carlos

Magnum

農業省からも表彰される実力者カルロス・ルーカス氏率いるワイナリー

carmim_container-adega-noite

Carmim

世界30カ国以上へ輸出するアレンテージョ最大のワイナリー

LINE UP 2020

荒井商事がポルトガルから直輸入したワイン。

ポルトガルに関連会社があるため、現地との強いネットワークを持ち、常に情報をアップデートできているのが我々の強みです。

お問い合わせ

荒井商事株式会社 流通事業部

電話番号 : 03-5204-2522
FAX:03-5203-2372
Email:tokyo@arai-group.co.jp

ご購入はこちらから